スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 単純な所から実装開始 | トップページ | 少し甘かったものの »

明日には準備が整いそう

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッター Ver1.4.1の開発フェーズで、昨日書いた様に、単純な所から実装を始めているのだが、具体的には、GUIが絡む開発を先に行っている。GUIの変更は多くないので、明日には、内部コードの変更に入れそうだ。

Ver1.4.1で追加したメインメニューの項目は、「トランジションを追加」/「ズーム領域の管理」/「動画 [逆再生]」 / 「スレッド制限」しかないのだが、「合成映像の管理」/「音声ファイルのミキシング」については、機能変更を行っているので、ダイアログのGUIは変更している。

また、「切り出し」メニューの項目についても、速度変更に対応させる為に、macOS版では昔からそういう格好にしていたのだが、メニューを実行すると、まず、モードを選択するダイアログが表示される様に変更している。

と、いう事なので、Ver1.4.1では、GUIの変更も色々と必要になっているのだが、今日の時点で、メインメニューと「切り出し」メニュー用の追加ダイアログの作成と、 「合成映像の管理」/「音声ファイルのミキシング」ダイアログの変更作業は終了している。

なので、GUI変更としては、後は、「トランジションを追加」/「ズーム領域の管理」用の設定ダイアログを作成すれば、内部的な処理コードを真面目に実装できる格好になる。

もっとも、既に、簡単に変更できる内部処理については実装を終えていて、例えば、「音声ファイルのミキシング」機能については、GUIだけではなく、内部処理の変更を終えていて、「音声ファイルの加工」機能についても、Ver1.4.1で改良した高音質の速度変更機能が利用できる様になっている。

と、いう事で、まだ、本丸である所の「トランジションを追加」機能については、手を付けられてはいないのだが、その他の部分については、何となく、先が見えだしているので、今週中には、リリースの目途が立つかもしれない。

ちなみに、ここの所、記事の文章が長くなりすぎている。

その結果としては、当然の事ながら、書くのが大変になっているので、今日は、短いのだが、これで終わりにする事にする。

明日以降も、暫くは、短めにしたい所ではあるのだが・・・

« 単純な所から実装開始 | トップページ | 少し甘かったものの »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google