スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« スペイン風邪の死者は5,000万 | トップページ | 再生系は全モード動作 »

クルーズ船への対応に右往左往

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッター Ver1.4.1の開発フェーズで、トランジションの追加機能も少しずつ動作し始めているのだが、巷では、横浜のクルーズ船の新型コロナウイルスに対する対応が右往左往している様だ。

作者的には、もう何年も地上波TVは殆ど見ていなかったのだが、ここの所、新型コロナウイルスの件があるので、チョクチョク、そういった話題を扱っているワイドショーなんかは見ている事もある。

で、今日の時点で、最も注目されていたのは、横浜港に入港しようとしていたクルーズ船で新型コロナウイルスに感染していた人が見つかったので、検査等の必要性から、乗客・乗員は待機させられている、という話題だった。

作者的には、クルーズ船に乗っていないし、知り合いも乗っていない筈なので、完全に人ごとになるのだが、とりあえず、普通の船なんかに乗っている人ついては、特に検査なんかもされずに入国できている事を鑑みれば、この件についても、巷で良く言われている、木を見て森を見ずの一つに数えられても、おかしくはないかもしれない。

つまり、上記の乗客である所の3,700人を完全隔離した所で、既に、中国から40万人もの観光客を受け入れているので、日本国内にいる日本人の多くも、既に、新型コロナウイルスに感染している、と、考えるのが妥当な筈なので、今更、国内にいなかった日本人3,700人だけ、隔離してみても意味は無い、という考え方も成り立つ筈な訳だ。

なので、実際の所、国際社会的には、日本は汚染地域とみなされるようになって来ていて、以下の様な事態になってきている訳だ。

ミクロネシア、日本から直接入国禁止 新型肺炎で「非常事態宣言」

で、作者的にも、以前は、奈良公園なんかにも、チョクチョク、鹿を見に出かける事があったのだが、先月、新型コロナウイルスに感染したバス運転手の人が立ち寄っていた、と言う事で、今年はまだ一度も奈良公園には行っていない。

と、いうか、知らない人は知らないと思うのだが、もう数年前から、奈良公園に行っても、家族連れの多くは中国語を話していたし、近鉄奈良駅から、所謂、大阪の南である所の難波へは、近鉄奈良線で直接行ける訳なので、近鉄奈良線の急行だとか快速急行だとかに乗っていると、普通に、中国人観光客と同席、なんて事も良くある訳だ。

なので、作者的には、近鉄奈良線も、普通に乗るのは避ける様になってきているのだが、大阪の地下鉄についても、やはり、新型コロナウイルスに感染したバスガイドの人が乗っていた、という事で、乗っていても安心は出来ないかもしれない。

更に言えば、そのバスガイドの人は、大阪城なんかにも行っていた、という事なので、大阪環状線なんかも危ないか、という事になると、大阪の電車は殆ど危険、という感じになってしまうのだが、実際の所としては、そんな事を言っていると、何処にも行けなくなってしまうし、本当に危険なのなら、既に、大阪人の大半は、新型コロナウイルスに感染しているのかもしれない。

と、言う事で、大阪人の作者的には、横浜のクルーズ船の話題に関しては、政府の対応について、ネガティブな印象しかないのだが、同様の対応を大阪周辺にも採る、という事になると、少なくとも大阪府民や奈良県民については、2週間の外出禁止措置が妥当かもしれない。

まあ、そんな事は現実的ではないので、実施される筈はないのだが、だからといって、可能だからという理由で、クルーズ船の乗客3,700人については、2週間隔離する、という施策については、どれだけの意味があるのか、疑問しかない今日この頃だ。

« スペイン風邪の死者は5,000万 | トップページ | 再生系は全モード動作 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google