スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 再生系は全モード動作 | トップページ | AGM動画だけなら動作 »

エンコード系の移植を開始

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッター Ver1.4.1の開発フェーズで、今日からエンコード系の移植を開始した。移植、と、書いているのは、エンコード系には自前コードが多いので、Windows版からコピーして使えるコードも多いからだ。

Ubuntu版のエンコードで利用可能なコーデックは、AGM形式かWebM形式に限られる。

で、AGM形式はAmuseGraphics Movie形式の略な訳なので、全コードが自前になっている。

まあ、ファイルアクセス用のコードなんかについては、OSが提供している関数を使ったりもしているのだが、macOS/Ubuntuでは、C言語で提供されているライブラリにあるfopenだとかfseekなんかを使って、WindowsのCreateFileなんかに相当する関数をエミュレートさせているので、こういった関数についても、OSに依存している、という感じはない。

なので、Windows版にあるコードをコピーしてくれば、少なくともAGM形式へのエンコードについては、そのまま動作する場合も多いのだが、コンパイルエラーがなくなっても、実際には、末端の関数の移植が正しく行えていないために正しく動作しない、なんて事も多々ある。

と、言う事なので、今日の時点で、とりあえず、AGM形式へのエンコードについては、Windows版の処理コードをコピーして来て、コンパイルエラーを無くせているので、一応は、Ver1.4.1用のエンコードルーチンになっているのだが、まだ、細かい動作はさせていないので、正常に動作する様になるのには、後1日か2日程度は必要になるかもしれない。

もっとも、WebM形式へのエンコード機能はWindows版には存在しないので、今日の時点ではコメントアウトしてある。

なので、AGM形式へのエンコード機能の実装が終わっても、まだ、こちらについても実装が必要になるのだが、何度か書いてきた様に、Windows版に存在しないこういった機能については、中間層を設けている。

具体的には、WebM形式へのエンコード機能は、Windows版のDirectShow経由でのエンコード機能に近い形で実装してあるので、まだ、細かい所は見ていないのだが、似たような形で実装可能なら、こちらについても、移植には、大した時間はかからない筈ではある。

ちなみに、この記事は、2月6日分なのだが、実際には、2月7日の午前中に書いている。

なので、作者的には、2月7日の朝のニュースなんかも、既に見ているのだが、横浜にいる例のクルーズ船から、新たに41人の感染者が見つかったらしい。

つまり、現時点で、合計61人の感染者が見つかった様なのだが、この数は、クルーズ船を除いた日本国内で見つかっている感染者の総数よりも多い、という事になる。

3700人中61人が感染という事は、1.65%、50人に1人程度の感染率、という事になるので、厚労省的には、恐れる必要は無い、という事になるのかもしれないのだが、大阪府の人口は882.3万人らしいので、これに上記の感染率を適用すると、882.3*0.0165 = 14.6、という事になる。

つまり、大阪府だけで、15万人程度の感染者がでる可能性もある訳なのだが、この程度なら、作者製ソフトである所のWaveClipperの現行バージョンの総ダウンロード数程度なので、大した事はないかもしれない。

しかし、日本の人口は1.2億人程度らしいので、これに0.0165を掛けると、200万人程度になるので、フリー版のAG-デスクトップレコーダーのダウンロード数並の感染者が出る事になる。

まあ、その程度の感染者が出ても、死亡率が3%程度である事を鑑みれば、200x0.03=6万人程度なので、死者の総数は日本に置ける年間自殺者の3年分程度でしかないので、厚労省的には、「恐れるに足らず」、という事にはなるのかもしれない。

« 再生系は全モード動作 | トップページ | AGM動画だけなら動作 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google