スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« やっと少し前進 | トップページ | 一応、全機能を実装 »

エンコード系も大体は動作

今は、Ubuntu版AG-ムービーカッター Ver1.4.1の開発フェーズで、再生系は大体動作しているので、エンコード系の開発を行っているのだが、今日の時点で、エンコード系についても、大体は動作する様になった。

表題にした「エンコード系も大体は動作」、というのは、Ubuntu版でエンコード可能な形式はAGM形式とWebM形式だけなので、今日の時点で、AGM形式に加えて、WebM形式も、エンコード可能になった、という事になる。

もっとも、AG-ムービーカッターでは、動画形式だけではなく、音声形式での出力も可能なのだが、今日の時点では、まだ、音声形式については、実装していないので、まだ、完成という訳でもない。

と、言う事で、実装に時間がかかっているのだが、少しずつは完成に近づいているので、今週末までには、AG-ムービーカッター for Ubuntu Ver 1.4.1も公開できている筈ではある。

ちなみに、開発の進捗が遅いのは、体調が芳しくない、という事もあるのだが、ここの所、毎日、ネタにしている新型コロナウイルスの件が気になっているから、という事もある。

具体的には、開発作業の合間に、5chだとか、YouTubeだとか、Twitterなんかで、新型コロナウイルスの件について調べたりしているので、開発時間の実時間が減っている、という事になる。

もっとも、巷の人の中には、自分にやれる事は無いのだから調べるのは時間の無駄、と、考える人も多いかもしれない。

つまり、自分でやれる事は、不必要な外出は避け、外出から戻ったらウガイと手洗いをする様にする、という事だけなので、これ以上、新型コロナウイルスについて調べても意味は無い、という事になる。

だから、そんな事をするよりは、自分の仕事に集中すべき、という事になる筈なのだが、作者を含めて、今時の日本人の多くは、SNSで情報発信している訳だ。

そして、今時の日本人的には、情報発信というのも、自分の仕事の一つになる訳だ。

何故なら、既に、終身雇用制は崩壊した、という事になっているので、今現在、サラリーマンをしている人の殆ども、50代くらいになれば、会社は解雇されているのが普通の時代なので、それ以降、まだ働く、という事になれば、多くの場合、フリーランスか個人事業主にならざるを得ない訳だ。

つまり、SNSというのは、そうなった場合に、サラリーマンとしてではなく、書き手の個人としての価値を高めてくれる訳なので、今時のサラリーマンの多くにとっても、情報発信は重要な仕事の一つ、という事になる訳だ。

そうなってくると、今回の新型コロナウイルスなんかについても、SNSに意見を書いておかないと、個人としての評価が低下する可能性も高くなるので、情報収集についても、行っておく必要が出て来る訳だ。

と、言う事で、終身雇用制が廃れつつある日本では、一般サラリーマンでも、実名によるSNS投稿が許可されないと、会社を解雇された後の活動に支障をきたす事になるので、投稿を禁止する企業というのは、今後、優秀な人材の採用は不可能になるだろう、今日この頃だ。

« やっと少し前進 | トップページ | 一応、全機能を実装 »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google