スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« もはや必需品・・・かな? | トップページ | 目玉はタッチ操作? »

少し調査も行いつつ・・・

今年ももう9月になってしまったので、AmuseGraphicsの更新作業に入ったのだが、既に書いてきた様に、今回の更新は、基本的には、不具合修正をメインにしたいと考えている。ただ、少しは機能変更も行う。

AmuseGraphicsファミリーソフトの中で、作者が最も使っているソフトはAGMPlayerになるのだが、その次に使っているソフトは本体になる。

これは、AmuseGraphics本体には、画像だとかアイコンの作成機能があるので、ソフト開発時やホームページ作成時に必要になるアイコンや画像なんかは、コレを使って作成しているからだ。

更に言えば、AGMPlayerは、基本的には、手持ち動画や音楽の再生用な訳なので、コンテンツを視聴している時間は長いのだが、ソフトの操作をしている時間は短いので、ソフトの操作時間、という見方をすれば、最も使っているソフトは本体、という事になる。

と、言う事なので、まずは、AmuseGraphics本体の変更作業を最初に行っているのだが、今回の更新で是非ともやっておきたいと考えているのは、この前購入したSurface Go 2への対応だ。

まあ、こんな事を書くと、「俺は/私は、そんなPCは持っていないぞ!」 みたいな声も聞こえてきそうなのだが、Surface Go 2への対応というのは、より具体的に書くと、タッチパッドやペンでの操作をより快適にする、という事になる。

なので、Surface Go2への対応というのは、ノートPCへの対応を強化する、みたいな感じになるので、普通のユーザーに対しても、意味のある変更になる筈な訳だ。

もっとも、ノートPCユーザー的には、「現行版でも普通に使えているけど?」、と、思うかもしれないのだが、現行版は、マウスが接続されていない環境で使おうとすると、少し不便な所もある訳だ。

具体的には、AmuseGraphics本体で、加工中の画像を拡大/縮小しようとする場合、マウスが繋がっていると、拡大/縮小の中心位置を左ボタンでドラッグした状態で、右ボタンも押すと、マウスカーソルの移動に応じた拡大/縮小がスムーズに行えるのだが、普通のタッチパッドでは、左ボタンと右ボタンの両方を同時に押す事はできないので、この機能は使えない訳だ。

なので、現行版では、「オプション」-「ドラッグで拡大/縮小」という機能を実装していて、タッチパッドでの利用時には、この機能を利用して、自由倍率での拡大/縮小を可能にしている。

ただ、この機能を利用すると、通常は、普通のドラッグでは、スクロールバー付きになっている画像の表示領域変更が行えるのだが、この機能が利用できなくなるので、タッチパッドでの操作時には、頻繁に、モードを切り替える必要が生じたりするので、少し不便だったりする訳だ。

更に言えば、Surface Go 2はピュアタブレットとしても使えるので、マウスどころか、タッチパッドもキーボードもない環境で使う可能性も出て来る訳だ。

と、言う事なので、Ver1.4.2では、タッチパッド/Pen/ピュアタブレットで使う場合にも、それなりの操作が行える様にしたいかなあ、と、思ったりもしているので、その辺のAPIなんかについても調査したりし始めている今日この頃だ。

« もはや必需品・・・かな? | トップページ | 目玉はタッチ操作? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google