スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ショートカットは自前化 | トップページ | キー操作はYouTubeに合わせた »

結構な変更量になった

今は、AmuseGraphics Ver1.4.2の開発フェーズで、本体に引き続き、AGMPlayerの更新作業中なのだが、今回は、あまり機能追加は行わないつもりだったのだが、AGMPlayerについては、結構な変更量になってしまった。

AGMPlayer Ver1.4.2は、AmuseGraphics本体と同様に、Surfaceをピュアタブレットとして使う様な場合にも操作が可能になる様にタッチ対応を行ったのだが、流石に、それだけだと普通のPCで使うユーザーにメリットが無さ過ぎるので、昔から、欲しいかなあ、と、思っていたリンク機能を追加する事にした。

で、元々、リンク機能は、Windowsのショートカットファイルを使って実現しようかと思っていたのだが、昨日書いた様に、致命的な問題が発生する事を確認したので、自前方式に切り替えた。

自前方式といっても、リンク先のパスを記述した独自形式のファイルを作成して参照する格好にしただけなので、それだけだと、大した作業量にはならなかったのだが、リンクファイルを再生以外の目的で利用する場合の為に、色々と対処が必要になった訳だ。

更に言えば、リンクファイルを有効活用するために、AGMLibraryに格納しているファイル以外のファイルに対するリンクも可能にした。

なので、現行版では、ライブラリビューにファイルをドロップしたり、「ライブラリに追加」で動画ファイルを追加する時には、自動的に、ファイルをコピーする格好にしていたのだが、Ver1.4.2では、「コピー」以外に「移動」と「リンク」の三種類の中から選択できる様にもした。

「移動」というのは「リンク」とは関係ないと言えばないのだが、追加に選択肢を追加するのであれば、この選択肢もあった方が良いかなあ、という事で、追加した訳だ。

ついで、といえば、現行版では、サーバー上のファイルに対しては「サムネイルの変更」が出来ないのだが、Ver1.4.2から出来る様にした。

上記だけでも結構な変更量になったのだが、更に、ライブラリビューでファイル名をサムネイルのツールチップで表示できるオプションも追加した。

後は、既に書いた様に、キーボードでの再生操作も可能にしようとしているし、現行版ではシークプレビューが少し重いので、その軽量化も行おうかと思っている。

と、言う事で、結局、AGMPlayer Ver1.4.2については、結構な、改良を行ってしまっているので、開発期間が当初予定よりも伸びてしまっているのだが、まだ9月も半ばなので、去年とは違って、今年中に公開できないかも? とは、思っていない今日この頃だ。

« ショートカットは自前化 | トップページ | キー操作はYouTubeに合わせた »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google