スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« ジワジワと合わせつつ | トップページ | もう一踏ん張り »

ムービーカッターもほぼ完了

今は、AmuseGraphics Ver1.4.2の開発フェーズで、本体、AGMPlayerに引き続き、AG-ムービーカッターの変更作業を行っているのだが、今日の時点で、変更作業はほぼ完了した。

AG-ムービーカッター Ver1.4.2の更新内容は、更新毎に行っている不具合修正以外としては、操作の最低限のタッチ対応化と、「音声ファイルのミキシング」機能に対する変更、という事になる。

なので、変更量は、今の所、AGMPlayer > AmuseGraphics本体 > AG-ムービーカッター、という感じなのだが、AG-ムービーカッターの変更量も、それなりの量にはなっている。

もっとも、AGMPlayerに入れた今回の追加機能である所のリンクファイル機能は、殆どのユーザーが使う可能性が高い機能になるので、インパクトは結構大きい筈で、AmuseGraphics本体に施した操作性向上用の改良は、タッチ対応PC以外でも、利用可能なので、これも、ユーザーに与えるインパクトはそれなりにある筈だ。

これに対して、AG-ムービーカッターの「音声ファイルのミキシング」機能というのは、使わない人は使わない機能になる筈なので、ユーザーに与えるインパクトはあまり大きくはないかもしれない。

しかし、作者的には、「音声ファイルのミキシング」機能は、ソフトの紹介動画なんかを作る時に必要だったので、入れた機能な訳なので、より使いやすくするのは自分の為でもある訳だ。

と、言う事なので、Ver1.4.2では、例えば、動画作成時にBGMを鳴らしながら、特定の場所に説明用の音声を入れる、みたいな場合には、メインのシークバーで音声の挿入位置を指定しつつ、ミキシング音声を追加して行ける様になるので、そういった動画の作成作業は現行版よりはやり易くなる筈だ。

ちなみに、昨日も書いたのだが、作者的には、AG-WebカメラレコーダーとAG-デスクトップレコーダーの変更内容について鑑みているのだが、今の所、AGMオーディオミキサーとの連携を楽に出来る様にしようか、と、思っている。

具体的には、上記の両方で、AGMオーディオミキサーの出力を音声入力デバイスに指定できるのだが、ミキシング内容の変更をしたい場合には、AGMオーディオミキサーのダイアログを表示し、そこで行わなければならないので、この辺りの操作性を改善したい。

まあ、そんな事は判っている、という人は、AGMオーディオミキサーをタスクバーに登録してあるかもしれないのだが、作者的には、少し前までは、タスクバーが一杯だったので、登録はしていなかった。

また、現在でも、登録はしていないので、イザ、ミキシング内容を変更しようとすると、AGMオーディオミキサーの起動が面倒だったりしているので、AG-WebカメラレコーダーやAG-デスクトップレコーダーでオーディオミキサーを選択してあっても、ミキシング内容の調整が億劫になってしまったりしている状況だ。

何故、こんな変更を行おうとしているのか、というと、少し前にも書いた様に、最近は、リモート会議なんかが増えたので、その状況を録画したい、みたいな人も増えていて、そういう場合、音声は、自分の声が入っているマイクと相手の声が入っているスピーカーの両方をミキシングして録音したい、という事で、AGMオーディオミキサーを使う人が増えた感じだからだ。

その結果として、作者の所には、関連した要望なんかも来ているのだが、例えば、AGMオーディオミキサーは便利なのですが、映像を録画すると、どうしても負荷が高くなるので、会議の音声だけを録音したいので、AG-デスクトップレコーダーで音声だけを録音できる様にしてもらえませんか? みたいな要望も着ていたりする訳だ。

上記の要望については、昨日書いた返信不要、との事だったので、返信はしていないのだが、次バージョンのAG-デスクトップレコーダーには、音声のみの録画機能は追加しない予定だ。

これは何故なのか、というと、音声だけの録音、というのであれば、AGMPlayerで行えるからだ。

と、いうか、確か、似たような要望は、もっと昔にもあって、作者的には、それを受けて、AGMPlayerに録音機能を追加した筈だった訳だ。

つまり、音声だけの録音をしたい、という要望は巷には結構あって、その証拠として、音声しか録音できないWaveClipperのダウンロードは未だに、結構な数、あったりする訳だ。

もっとも、WaveClipperの入力デバイスには、AGMオーディオミキサーは出て来ないので、作者的には、AGMオーディオミキサーを入力デバイスとして選択可能なソフトを作っておく必要性から、AGMPlayerに録音機能を追加した訳だ。

なので、ミキシング音声のみを録音したい場合には、AG-デスクトップレコーダーではなく、AGMPlayerを使えば済む話なので、AG-デスクトップレコーダーに録音機能のみを追加してほしい、といった要望には応えない訳だ。

もっとも、AmuseGraphicsを購入しても、AG-デスクトップレコーダーしか使っていない、みたいな人もそれなりにいる様で、この前、AG-デスクトップレコーダーとAmuseGraphicsをダウンロードして使ってみたのだけれども、録画結果は、「まさか、手持ち動画と連結できないのですか?」みたいなメールも来ていた。

「まさか、・・・」というワードは、普通に鑑みて「煽り」になる訳なので、作者的には、また、嫌がらせメールか・・・、と、思いながら返信した訳なのだが、最近の若者の中には、実際に日本語が不自由だったりする人もいる様で、昨日紹介した二つ目の動画でも、Twitterでラーメン店の悪口を投稿している人は、知り合いが言った捨て台詞が、ラーメン店の店員を怒らせた、という事が理解できていない様だった。

つまり、作者が思うに、あんな事を言われたら、店員が烈火のごとく怒るのは当たり前なのだが、Twitterの投稿者はその事を理解していない様なので、上記のメールについても、送信者は、普通に、自分の文章が相手にどう受け取られるのかが判らずに送ってきていただけだったのかもしれない。

ただ、だとしても、形式的には、AG-ムービーカッターで動画の連結ができる事を知らない、という文面になっていたので、作者的には、連結したければ、AG-ムービーカッターを使って下さい、みたいな返信をしたのだが、前述の要望をくれたユーザーも、AGMPlayerに録音機能があるなんて事は知らないのかもしれない。

と、言う事で、最近は、AGMオーディオミキサーが巷で使われ始めている事だけは間違い無さそうなので、今回の変更では、その使い勝手を少し上げたいかなあ、と、思ったりしている。

もっとも、それだけだとオーディオミキサーを使わない人には恩恵がないので、より多くのユーザーが恩恵を受けられる改良アイテムも用意しようとも考えている今日この頃だ。

« ジワジワと合わせつつ | トップページ | もう一踏ん張り »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google