スポンサーリンク

T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 大風呂敷は広げない | トップページ | AGMServerも更新が必要 »

それでも少し大変

今は、AmuseGraphics Ver1.4.2の開発フェーズで、本体に引き続き、AGMPlayerの更新作業中で、今回の目玉のリンク機能を追加しているのだが、AGMPlayerにはサーバー機能もあるので、少し大変だ。

AGMPlayerには、ネットワーク越しにAGMPlayer用のサーバーに接続し、そこに保存されている動画/音楽ファイルを視聴したり、相互のファイルをコピーしたりする機能がある。

外見的には、サーバーはローカル環境のフォルダー相当になっているのだが、完全に同一ではない。

具体的には、サーバーに保存されているファイルに対しては、「変換バージョンの作成」機能なんかは提供していないのだが、これは、ミクロに見れば、サーバーに格納されているファイルはファイルではないからだ。

つまり、ファイルを対象にして提供されているOSのエンコード用APIなんかは、サーバー上のファイルを対象にはしてくれないので、AGMPlayerでの見た目上は、ローカルファイル相当のサーバー上のファイルに対するサポート処理が異なってきている訳だ。

まあ、サーバー上のファイルをローカル環境にコピーし、エンコード結果をサーバーに書き戻す形にすれば、機能的には、サーバー上のファイルを別形式に変換する事も可能ではあるのだが、サーバー上のファイルが何GBもある場合、コピー処理に時間がかかるので、どの道、ローカル環境での変換時とは異なる感じになってしまう。

もっとも、変換機能をサーバー側に持たせる、という手はあるのだが、作者的には、サーバーには消費電力が少ない非力なマシンを割り当てる、という感覚があるので、そんなマシンでエンコード処理は行わせたくない訳だ。

と、いうか、サーバーは、基本的には、倉庫扱いなので、あまり色々な機能を持たせる必要はないか、と、思ったりもしているのだが、Ver1.4.2でAGMPlayerに追加する事にしているショートカット機能は、サーバーにも必要かなあ、と、思えた訳だ。

何故なら、何度か書いてきた様に、ショートカット機能は、お気に入りリストの作成機能としての使い方ができるので、手持ちの音楽ファイルなんかを全てサーバーに置く、という事にした場合、ショートカット機能がローカルストレージにあるファイルでしか使えない、という事になると、サーバーにファイルを置きたくなくなってしまう可能性も十分にあるからだ。

と、言う事なので、ショートカットファイルに関連する機能はサーバーにも実装する事にしたのだが、サーバーというのは、最新のVer1.4.2以外からもアクセスされる。

なので、古いバージョンのAGMPlayerからアクセスされた場合にはどうしようかなあ、と、考えたりもしているのだが、問題は、macOS / Ubuntu版のAGMPlayer Ver1.4.2を同時リリースする事はない、という事だ。

つまり、Windows版をサーバーにしてWindows/macOS版をクライアントとして使う、という様な環境は、暫くは存在する事になる筈なので、古いクライアントからはショートカットファイルにはアクセスできない、みたいな事にしてしまうのもどうかなあ、という感じな訳だ。

このため、ショートカットについては、サーバー側が頑張る事で、古いクライアントからアクセスされた場合にも、再生は可能、程度の作り込みにしておこうか、と、考えている。

その結果として、サーバー側の処理内容は少し複雑になる感じなので、まだ、ネットワーク経由でのアクセスは行えない状況なので、AGMPlayer Ver1.4.2の開発は、少し大変になってしまったかもしれない今日この頃だ。

« 大風呂敷は広げない | トップページ | AGMServerも更新が必要 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google