T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« macOS版も後少し | トップページ | 新しいノウハウを獲得! »

β1版は火曜日に公開!?

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既に、Windows用はβ版を公開中だ。次は、macOS版と共にβ1版を公開する予定なのだが、多分、火曜日の深夜までには公開していると思う。

思う、と、書いているのは、既に、サーバーとクライアントについては更新を終えているのだが、今のところ、トランスポーターについては、機能的な更新がないので、何かやっておこうかなあ、と、思ったり思わなかったりしているからだ。

つまり、もし、トランスポーターにそれなりの変更を入れるとなると、公開は更に1,2日程度は遅れるかもしれないので、断言はしていない訳だ。

と、いう事で、Mirror-DTC Ver1.4.4についても、軽い気持ちで変更を開始したにも関わらず、既に、開発期間は1ヶ月になろうとしている。

にも関わらず、まだ、Ubuntu版とAndroid版には手をつけてもいないので、精神的には、少し疲れてきた感じがしないでもない今日この頃だ。

ちなみに、YouTubeを見ていると、円安の影響からか、AdobeのCreative Cloudが値上げされたので、脱Adobeを検討! みたいな動画が色々とアップされていた。

作者的には、YouTuberでもなければ絵師でもないので、元々、高価だったAdobe製品は使わず、画像や動画制作に必要な機能はAmuseGraphicsを開発して自分で何とかしてきた。

なので、別に、Adobe製品が値上げされても直接的な悪影響はないのだが、ここのところ、AmuseGraphicsについては、新しいバージョンを公開した、という事もあるのか、微妙にレジストキーの売り上げは増えている。

だからといって、タワーマンションを購入して移住できるくらい儲かっている訳ではないし、今日の食費がない! なんて状況でもない。

つまり、この程度の影響?は、特に騒ぐほどの事でもなくて、その割には、今や、マクドナルドは高すぎて気軽に行けない! なんて話は、作者的にも、無関心ではいられない。

まあ、実際には、作者的には、もうマクドナルドについても、体に悪いという事から、10年くらいは行っていないので、値上げされても無問題ではあるのだが、あまり気持ちが良くなる話でもない訳だ。

と、いう事で、作者的には、主力製品である所のAmuseGraphicsでも、タワーマンションが買えるくらいの収入にはなっていないのだが、Mirror-DTCについては、もっと見入りは少ない。

もっとも、今となっては、一つ売れれば、AmuseGraphicsの税込1,650円に対して税込2,750円入ってくるので、嬉しくない事もない状況ではあるのだが、絶対収入的には、大した事はないので、未だに免税事業者だったりする訳だ。

まあ、実際の所としては、課税事業者になると色々と面倒になるし、会社を立ち上げると、もっと色々な雑務が必要になる。

なので、作者的には、今くらいの収入がちょうど良いのかもしれないのだが、実際の所、今日の食費がない訳でもない作者的には、タワーマンションが買えるくらいの収入にもならない作業には、自然と、力が入らなかったりする訳だ。

と、いう事もあるので、Ver1.4.4の次バージョンあたりからは、どうせ儲からないのなら、メジャーバージョンアップして、作者的な趣味の要素をもう少し入れようかなあ、と、思ったりもしている訳だ。

なので、逆に、Ver1.4.4は、AmuseGraphics / Mirror-DTC共に、普及型の最終形態として重要になるかもしれないので、それなりに時間を使って真面目に開発している今日この頃になる。

« macOS版も後少し | トップページ | 新しいノウハウを獲得! »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google