T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 5分で出来そうなモノなのだが | トップページ | 更なる変更が必要となる »

macOS版は完成

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既にWindows/macOS用のβ1版を公開中なのだが、その次のステップとして、トランスポーターを更新中だ。今日の時点で、最初に更新しているmacOS版が、やっと完成した。

今回の更新で、トランスポーターも8ディスプレイまでのエミュレーションが可能となり、転送対象ウインドウは、それらのどれかのディスプレイに配置できる様になった。

なので、複数のウインドウを転送対象とする場合、どのウインドウを表示対象にするのかは、クライアントの「対象」メニューから、表示するディスプレイを選択する事でも行える様になった。

まあ、現行版でも、一つのディスプレイ内に複数のウインドウを配置し、そのZオーダーを変更する事で、表示対象ウインドウは切り替えられるのだが、ウインドウのサイズが違ったりするのは普通の筈なので、表示対象の切り替えは、イマイチ、すっきりとは行えないのが実情だった。

と、いう事で、Mirror-DTC Transporter Ver1.4.4は、現行版よりも、実質的な操作性が向上する事になる筈なのだが、ついでに、設定画面についても、色々な設定が可能な割には、作者製ソフトには良くある「デフォルト設定に戻す」ボタンが無かった。

なので、Ver1.4.4では、このボタンも追加して、より安心して使える様にする今日この頃だ。

ちなみに、巷の噂では、3月中に、新しいiPadがリリースされる、という事になっている。

作者的には、初代と第4世代のiPad Airを所有していて、寝床では、もっぱら、第4世代iPad Airを使っているのだが、作者的な用途としては、YouTube / Netflix / Webブラウザによる動画視聴が殆どだ。

なので、第4世代でも十分高性能なので、実際の所、新しいiPadには興味がない。

似た様な話は、多分、巷の多くの人に成り立つ筈なので、去年のiPadの売り上げは、大幅に減少した! という事になっている様だ。

ただ、作者的には、新しいiPadは購入する気にならないのだが、毎日、第4世代iPad Airで動画を視聴しつつ、寝落ちするのが日課になっている。

つまり、iPadなんて不要!という訳ではないので、もし、iPad Airが故障したら、新しいiPadを購入する事にしそうなのだが、実際には、前述の様に、作者の初代iPad Airですら、壊れていないので、使う気になれば使える状況だ。

ただし、初代iPad Airは、最新のiPadOSに対応していないので、作者的には、最新のiPadOSが使える様に、第4世代iPad Airを購入した、という経緯がある。

去年の秋に購入したMac mini M2 Proについても、それ以前に使っていたMac mini Late2014が、最新OSに対応しなくなった、という事が、購入には大きく影響した。

と、いう事で、作者的には、この前発売開始されたM3 MacBook Airにも興味があるのだが、ノート型Mac的には、MacBook Pro 13インチ M1モデルがまだまだ現役なので、購入には二の足を踏んでいる。

ただ、MacBook Airには、ノッチがあるので、そういう評価環境も欲しいかなあ、と、思ったり思わなかったりもしている今日この頃なので、3月中に新しいMacの発表、つまり、Mac miniかMac Studioの発表がない様なら、真面目に、MacBook Airの購入は、検討し始めるかもしれない今日この頃だ。

« 5分で出来そうなモノなのだが | トップページ | 更なる変更が必要となる »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google