T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« macOS版の更新を開始 | トップページ | 意外と大変な事が判明 »

Windows版の確認もしつつ

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既に、Windows用はβ版を公開中だ。なので、作業はmacOS版の更新に移っているのだが、移植扱いになるので、コーディング時にはWindows版の確認も行う感じになっている。

一般的に、開発には色々なフェーズがあって、まずは、仕様決め、その次に基本設計、その次に詳細設計、そこまで出来てから、普通は実装作業に入る事になる筈だ。

しかし、フリーソフト・シェアウェア「作家」、みたいな人の場合には、全てのフェーズを自分一人でやるのが普通なので、別に、基本設計が出来ていないのに、実装作業を行ったとしても、問題になる事は少ない。

何故なら、例えば、大阪万博の場合、どの地区にどの国のパビリオンを建てるのか、というのを最初に決めておかないと、色々な国が我先に勝手にパビリオンを好きな場所に建ててしまうので、最悪、いくつかの国はパビリオンを建てる場所が残っていない! なんて事になる訳だ。

これに対して、全てのパビリオンを大阪府が建てる! という事になるのなら、普通は、先に優遇する国のパビリオンを建てる事にしたとしても、最後には、帳尻を合わせて、残りの国のパビリオンをプレハブ小屋に詰め込む事ができてしまう。

と、いう事で、BtoCで、仕様決めから納期まで、自分で決められる個人開発ソフトの場合、普通の開発フローに従う必要はないのだが、仕様決めを曖昧にしたまま、実装を行ってしまうと、実装した筈なのになあ・・・みたいな機能が出てきたりもする。

これは、仕様が曖昧なので、細かいコーディングは後からしよう! みたいにしてペンディングしていた機能を、その事を忘れて実装済み! みたいに思ってしまったりするからなのだが、少し前に書いた様に、作者的には、こういった事例は若い頃から良くある。

何故、そんな事になるのか、というと、これも良く書いているのだが、例えば、ブラックジャックは難しい手術をやった後、寝てしまうのだが、その時に、周りにいる普通の医者に後はよろしく、みたいに言っている訳だ。

つまり、世の中には難しい仕事と簡単な仕事があって、精神が脆弱な作者的にはストレスの発生期間を最小にするために、まず、難しい仕事を先にやってしまうのが習慣になっている。

なので、それが終わってしまえば、気が楽になる分、その仕事の事は忘れてしまったりもするのだが、ブラックジャックとは違って、後はよろしく、といって、残務を依頼できたりはしないので、結果的に、未完成の機能が残っていたりする事もシバシバな訳だ。

と、いう事もあるので、今回、Windows版については、基本的には製品版を開発したつもりだったのだが、とりあえず、β版として公開する事にした。

つまり、完成させたつもりのWindows版に、実は、まだ未実装! みたいな機能が残っている可能性を想定したのだが、実際に、Windows版のコードを参照しつつ、macOS版を更新していると、こんなコードじゃマトモに動かないだろ!? みたいなコードを発見している。

なので、macOS版については、よりよいコードを実装しているのだが、Windows版についても、今現在はまだβ版扱いなので、来週には、そういったコードを修正したβ1版に差し替える事になる筈の今日この頃だ。

ちなみに、大阪万博については、1週間くらい前に、350億円の大屋根リングが完成してしまうと、その中に建設予定の海外パビリオンの工事用の資材搬入等に支障が出る! と、建設業界のトップが異例のダメ出しを行った、というニュースが話題になった。

その後、大阪万博のプロデューサーである所の「藤本壮介」という人が、こんなコメント をXに乗せた。

つまり、論理的には、建設業界のトップの発言というのは、「事実と異なる情報」なので、拡散しないように! という書き込みになる。

昭和生まれで昭和育ちの作者的には、こんな、業界の重鎮を小馬鹿にしたような発言をして、この人は正気か? と、思ったりもしているのだが、その後、事態の進展については報道されていない。

まだまだ、巷には、「けしからん」発言をする様な重鎮がいる中で、上記の様な重鎮を小馬鹿にした様な発言は許されるのか? という事で、作者的には、この「藤本壮介」という人の今後には注目したい。

しかしまあ、いずれにしても、大阪万博の前売りチケットは殆ど売れていない様だし、作者的にも行く気はないし、パビリオンの建設も間に合いそうにない今日この頃だ。

と、いう事で、日本は、こんな国に誰がした・・・、みたいな国に成り下がった感じもする今日この頃なのだが、日本的にも、1960年代には、学生運動で盛り上がった訳なので、こんな状況が続く様なら、また、そんな時代がやってくるのかもしれない。

まあ、後10年もすれば、若い人達はみんな外国に脱出してしまい、日本に残るのは1割の上級国民と9割の移民とその子孫になり、50年後には、日本民族は消滅している! というのが、普通の未来予測にはなっているのだが。

« macOS版の更新を開始 | トップページ | 意外と大変な事が判明 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google