T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 設定項目が多すぎる? | トップページ | macOS版も後少し »

Windows用をβ1に更新

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既に、Windows用はβ版を公開中だ。それに加えて、macOS用も同等レベルまで更新できたので、Windows用をβ1版に更新した。macOS用も更新し、来週早々には作者サイトで公開する。

β版では「表示」メニューに「スケーリング」という項目を追加したのだが、β1版では、更に「マウスポインタ」という項目を追加する。

もっとも、上記の変更を行うと「表示」メニューは高さ方向に長くなってしまったので、β1版では、β版に入れていた「拡大鏡」と「スケーリング」の間の区切り記号は削除し、「拡大鏡」/「スケーリング」/「マウスポインタ」は同一グループの様な扱いとした。

つまり、区切り記号を極力入れない様にする事で、メニューの高さ方向のサイズを減らしたのだが、実際の所としては、それ以前に「マウスポインタ」という項目は「オプション」メニューに追加しようかなあ、と、考えていた。

しかし、「オプション」メニューには、既に、結構な項目が登録されていて、更に、もう一つ追加しようとすると、高さ方向のサイズは更に長くなってしまうので、やめにする事にした訳だ。

同様の話は「ファイル」メニューにもあったので、結局、「表示」メニューに追加する事にしたのだが、この「表示」メニューについても、それらと比べると、まだ余裕はあったものの、普通に項目数は多かったので、上記の様に、区切り記号を減らす格好にした訳だ。

と、いう事もあって、昨日の表題が出てきた訳なのだが、メニューの高さ方向のサイズを抑えたければ、メニューにサブフォルダーを作成し、関連項目はそのサブフォルダーに入れてしまう、という手もある。

作者製ソフトでは、機能が豊富なAmuseGraphics本体なんかでは、既に、そんな感じになっているのだが、メニューのサブフォルダー化は、見た目的にはすっきりとするのだが、機能的には便利な感じでもない訳だ。

つまり、そのサブフォルダーを開いてからでないと、選択したい項目にアクセスできないのが不便になる。

と、いう事なので、Mirror-DTCクライアントでは、今のところ、メニューのサブフォルダー化は実施していないのだが、これ以上、メニュー項目を増やす事になる場合、サブフォルダー化は行う事にするかもしれない。

ちなみに、もう一つの解決方法としては、例えば、「オプション」メニューの各種項目は、設定用のダイアログに纏めてしまって、メニューでは、そのダイアログを表示するメニューだけを用意しておく、みたいなモノも考えられる。

作者製ソフトでは、MasterReversiがそんな感じで、設定可能項目は山の様にあるのだが、メニューのサブフォルダー化も行なっている事もあり、メニュー項目数はリーズナブルな範囲に収まっている。

なので、近い将来、Mirror-DTCについても、各種設定は設定ダイアログで纏めて行う格好にするかもしれないのだが、現行バージョンはVer1.4.3で、次バージョンはVer1.4.4なので、あまり劇的な変化はない方が望ましい様な気もした訳だ。

その次のバージョンはVer1.5.0になる予定なので、その時には、設定系のメニュー項目は、ガラリと変える可能性もある。

もっとも、Mirror-DTCの初版は2009年リリースで、それ以来、クライアントのメニュー項目は、あまり変わらず、項目数が徐々に増えてきた感じなので、今更、劇的な変化は望まない人も多いかもしれない。

そして、Ver1.5.0の目玉はWebブラウザクライアントになる筈なので、クライアントの機能的には、現行版と同等レベルのままになる可能性も高い。

と、いう事なので、Mirror-DTCクライアントのメニュー構成は、このまま継続される可能性もあるのだが、今回、他OS版との違いを認識したので、メニューにある「Host+I」の様な表記は「(Host+I)」という表記に変えて、メニュー項目名の次に続ける格好に変更した。

なので、見た目上、メニュー項目は、ガラリと変わる事になるのだが、macOS / Ubuntu版は、既に、そんな感じにしてあったので、複数OSでクライアントを使っていた人的には、メニュー項目名が統一される感じになる筈だ。

何故、Windows版をmacOS / Ubuntu版に合わせたのか、というと、macOS / Ubuntuでは、Windows版の様なタブを入れた表示形態が取れないからだ。

つまり、macOS / Ubuntuの機能に足を引っ張られて、Windows版では可能な機能を利用しない事になったのだが、この表示については、Windows版よりも他OS版の方が見やすい感じなので、Host+?のキー割り当ては、今回少し変更した事もあり、変更が目立つ様にした、という事もある今日この頃だ。

« 設定項目が多すぎる? | トップページ | macOS版も後少し »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google