T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« 主役を張れる!? | トップページ | Windows版を更新中 »

Mac版は完成の域に達した

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既にWindows/macOS用のβ1版を公開中なのだが、その次のステップとして、トランスポーターを更新中だ。Mac版はサーバーに対する手直しも完了し、 完成の域に達した。

サーバーに対する手直しというのは、トランスポーターの仮想画面を4kモニターx8にした時に、クライアントがクラッシュしてしまった問題を受けてのモノだ。

具体的には、トランスポーターには、合成ディスプレイ表示時には、自動的に合成ディスプレイの画面を縮小してクライアントに送信する機能を追加したので、同等の機能をサーバーにも追加した。

作者環境では、フルHDモニターx8 / 4kモニターx4までなら、特に問題なくクライアントも動作していたので、実用上は、こんな機能は不要だったかもしれないのだが、仕様上は問題あり! だったので、上記機能の追加が必要になった訳だ。

と、いう事で、Ver1.4.4では、対応ディスプレイ数を従来の2から8に増やす事にしたのだが、その結果として、特にMac版については、画面キャプチャー用の処理コードの構造から変更する必要が生じ、それを何とかできたと思ったら、上記の様な問題が発覚して合成ディスプレイの縮小機能の搭載まで必要になった。

にも関わらず、殆どのユーザー環境は、ディアルディスプレまでの対応で十分! だった筈なので、今回の更新は、労多くして益少なし! だったかもしれないのだが、それでは勿体ないので、トランスポーターで、マルチディスプレイエミュレーションを可能にした。

その分、開発量は更に増えたのだが、トランスポーターの使い勝手は上がった様な気がしている。

もっとも、Windows版のトランスポーターに対する変更は、まだ、手付かずだ。

更に言えば、Ubuntu / Android版の更新については、基本機能の更新についても、全く手付かずの状況なので、まだ、先は長そうだ。

しかしまあ、Windows版については、後2,3日で完成の域に達する筈なので、そこまで更新できたら、β2版としてWindows / macOS版を作者サイトにアップしておくつもりの今日この頃だ。

ちなみに、Mac用のトランスポーターは、現行版だとアクセシビリティの許可は不要なのだが、Ver1.4.4からは必要になる。

もっとも、Macの場合、専用APIが用意されていて、アクセシビリティに対する許可が行われていない場合には、その旨をダイアログ表示し、そのダイアログ内のボタンを押すと、システム環境設定の当該設定を開ける様になっている。

なので、トランスポーター Ver1.4.4では、このAPIを使って、アクセシビリティの許可を促す様にしている。

その結果として、トランスポーター的には、起動後に、ユーザーに設定を促し、設定が行われれば、そのまま、アクセシビリティ機能を使って、ウインドウを隠したり表示したりできる様になる。

これに対して、作者的には、AndroidスマホにインストールしてあったLINEを長らく使っていなかった結果、LINEアプリに与えられていた権限が自動的に削除されていた様で、何度やっても、マイクを使った通話が出来なかった、という問題を経験した。

その時、エラーメッセージは表示されていたのだが、LINEどころか、Androidスマホの他アプリも殆ど使っていない作者的には、そのエラーメッセージに対して、どういうアクションを起こせば良いのかが判らなかった訳だ。

その結果として、数分間、通話相手を待たせる事になってしまったのだが、ネットで色々と検索してみて、やっと、問題はAndroidのセキュリティ機能である事が判ったので、Androidの設定を変更する事で、通話が可能になった。

似た様な話は、Windowsにもあって、AG-Webカメラレコーダーなんかでマイクから録音をしているのに、音声が録音できていません! みたいなクレームを貰ったりする事もある。

これは、Windowsのセキュリティ機能として、マイクからの録音が許可されていない場合、ソフトに対して無音を提供してくれるので、ソフト的には、録音しているつもりが、エラーする事なく、無音が録音されたりしている訳だ。

と、いう事で、最近のIT機器のセキュリティ機能というのは、作者のように、40年も前からパソコンなんかを使ってきている人間からしてみても、意味不明かもしれない。

まあ、2段階認証なんかは、あった方が安全なのかもしれないのだが、作者のように、様々なデジタル機器を持っている人的には、いつもと違う機器から銀行関係のサイトにアクセスしようとするだけで、2段階認証が必要になったりしている。

そして、銀行なんかから送られてくるSMSメッセージは、作者のスマホに無音で送られてきているので、作者がもう少し耄碌したら、2段階認証では認証できなくなるかもしれない。

と、いう事で、巷では、大谷翔平の銀行口座から、どうやって一平さんは送金したのか? みたいな話が話題になっているのだが、銀行関連アプリがセキュリティを向上させていけば、その内、専門のオペレーターでも雇わないと、送金操作なんて出来なくなるかもしれない。

そんな事を鑑みるに、野球で忙しく、かつ、英語が苦手らしい大谷翔平さん的には、米国の銀行口座に関連する操作なんかについても、一平さんに任せていた、としても、不思議ではないのかもしれない今日この頃だ。

« 主役を張れる!? | トップページ | Windows版を更新中 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google