T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« あと少しなのか? | トップページ | β3の公開準備を開始 »

VP9/Opusにも対応

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既にWindows/macOS用はβ2版を公開中だ。Ubuntu版の絡みからUbuntu24.04でAGMPlayerがビルドできない事が判明したので、対応方法を検討していたのだが、何とかなりそうだ。

かなり疲れたのだが、ここ数日の調査/変更作業により、Libavcodec等のffmpeg系ライブラリの変更に対応できた感じだ。

なので、今日の時点では、Ubuntu24.04LTSでも、改変したAGMPlayerでは、AGM動画に加えて、一般動画/音声ファイルの再生と、音声ファイルの録音、動画ファイルのAGM/WebM形式への再エンコードが可能になっている。

更に、折角、膨大な時間と労力をかけて色々と調査したので、その成果を利用する形で、現行版ではサポートしていないVP9/Opusにも対応しようか、と、思っている。

と、いうか、今日の時点で、現行版ではOggコンテナのVorbisで記録している録音機能を改変して、OpusコンテナのOpusでも記録できるコードをテスト的に追加し、そのコードを使って録音したファイルが問題なく再生される事を確認している。

そして、WebMファイルについては、現行版では動画コーデックとしてVP8を使っているのだが、より新しいVP9も選択可能にしている。

つまり、WebM形式では、動画コーデックとしてVP8/VP9を選択可能にし、音声コーデックとしてはVorbis/Opusを選択可能にする予定だ。

現行版ではVP8+Vorbisの初期型WebM形式でしかエンコードできないのだが、巷のWebMファイルでは、VP9+Opusが使われる事が多くなっている感じなので、その形式での出力も可能にする事にした訳だ。

もっとも、試してみた所では、映像コーデックをVP9にしたからといって、大幅に圧縮率が増えている感じはしないし、エンコード時間は、オプション指定でマルチスレッド処理を強化させても、VP8よりは遅い感じだ。

また、Opusについても、普通は、Vorbisと比べて音質が良いかどうかは判らないし、音声の録音については、今時のストレージ容量を鑑みれば、1時間程度なら、WAV形式で録音するのも非現実的ではない筈だ。

なので、VP9/Opusをサポートしたとしても、劇的に何かが良くなる事はないかもしれないのだが、VP8+Vorbisというのは大昔の形式でしょ? と、言いたくなる人もいるかもしれないので、VP9/Opusも、使える様にしておく事にした訳だ。

と、いう事で、ネットを検索してみても、殆ど、そのものズバリの情報がない中、作者的には、色々と推理したりテストしたりする事で、何とか、Ubuntu24.04LTS環境用のLibavcodecが使える様になったのだが、そのおかげで、Mirror-DTC Ver1.4.4のリリースが遅れている今日この頃だ。

ちなみに、順番として、まずは、Mirror-DTC Ver1.4.4のβ3の公開を先にするので、作業的には、ここで、Mirror-DTC開発に戻る事にする。

なので、多分、来週の月曜には、β3版を公開できていると思われるのだが、その後、Ubuntu版AGMPlayerとAG-ムービーカッターとAGMConvのVer1.4.4を開発して公開する事になる。

時期的に、もうUbuntu24.04LTSの公開は近いので、これらについては、最初からUbuntu24.04LTS対応にしておくつもりなのだが、Mirror-DTCのUbuntu版についても、正式リリース前にUbuntu24.04LTSがリリースされる筈なので、正式版は、Ubuntu24.04LTS対応にする事になりそうな今日この頃だ。

« あと少しなのか? | トップページ | β3の公開準備を開始 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google