T.Ishii's Software Library

HTML5 レトロ風ゲーム館

無料ブログはココログ

« クライアントはほぼ完了 | トップページ | 更なる機能追加!? »

ここでブログは1週間休む

今は、Mirror-DTC Ver1.4.4の開発フェーズで、既にWindows/macOS用はβ2版を公開中だ。その次としてUbuntu版の開発を行なっているのだが、移植開発になるのでブログネタが厳しい。なので、ブログはここで1週間休む。

Ubuntu版についても、クライアントの変更は完了したのだが、まだ、サーバーとトランスポーターが残っている。

なので、Ubuntu版のVer1.4.4が一応の完成を見る為には、後、数日は必要になりそうだ。

もっとも、それが3日でも、数日になるので、来週の半ばくらいには、β3版を公開している可能性もあるのだが、Ubuntu版ソフトとしては、他に、AGMPlayerとAG-ムービーカッターのVer1.4.4も残っている。

つまり、流石に、1週間で、それらの全ての開発が終わっている事は無さそうだし、それらは全て他OS版からの移植扱いになるので、別に、新しい仕様なんかはないので、ブログで、一々、開発内容について記載してみても面白くはない訳だ。

と、いう事なので、上記の様なUbuntu版の開発中には、ネタが厳しいので、これから1週間は、ブログを休む事にした今日この頃だ。

ちなみに、Ubuntuについては、Ubuntu24.04LTSのリリース日が近くなっていて、予定では、4月中にはリリースされる事になっている。

もっとも、日本では、こちらが使われる事が多い筈の、日本語Remix版のリリースは、それから2週間後くらいになるのが普通なので、こちらがリリースされるのは5月のゴールデンウイーク明けくらいになる筈だ。

作者製のUbuntu版ソフトは、UbuntuのLTS版を動作対象OSにしてきているので、24.04LTSがリリースされたら、それも動作対象OSに加える予定なのだが、上記の様に、Ver1.4.4的には、時期が微妙だ。

つまり、Ubutu版ソフトは、Ubuntu24.04LTSが正式公開される前に、更新が終了する予定なのだが、それから数週間後には、新しい動作対象とすべきOSがリリースされる。

なので、Ubuntu版ソフトの正式リリースを遅らせれば、最初から、Ubuntu24.04LTSを動作対象OSにする事も可能かもしれないのだが、もし、Ubuntu24.04LTSで動作された場合に不具合が出る様なら、当面、Ubuntu22.04LTSを使い続ける! みたいな人的には、リリースが遅れるだけなので迷惑な話になる筈だ。

と、いう事なので、作者製Ubuntu向けソフトは、とりあえず、Ubuntu24.04LTSを無視して開発を続け、完成した時点でリリースする。

その後、Ubuntu24.04LTSがリリースされたら、その上での動作確認を行い、動作する様なら、ホームページ等の動作対象OSの記載に24.04LTSを追加する格好にする。

当然、もし、24.04LTSで動作しない様なら、何らかの変更を行う事になる筈なのだが、その対応版のバージョンは、Ver1.4.5ではなく、Ver1.4.4.1にする事になる筈だ。

まあ、Ubuntu24.04LTSではXorg/OpenGL1.xが使えない! なんて事になっていたら、動作対象OSから外す可能性もあるのだが。

« クライアントはほぼ完了 | トップページ | 更なる機能追加!? »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

広告

プライバシーポリシー

  • 当サイトでは、第三者配信による広告(Google Adsense)サービスを利用しています。

    Google を含む第三者配信事業者は、Cookie を使用して、ユーザーのウェブサイトでの閲覧履歴に基づく広告を配信します。 Google 広告 Cookie を使用することにより、Google や Google のパートナーは当サイトや他のサイトへのアクセス情報に基づく広告をユーザーに表示できます。

    収集された情報がGoogleによってどの様に使用されるか、収集される情報をユーザーが管理する方法については、以下のリンクを参照下さい。

    ポリシーと規約 - Google